先週の投資競馬結果。

2018投資競馬結果

先週の投資競馬予想の結果は下記の

とおりになりました。

3/31中山11R・ダービー卿CT(G3)4歳上OP ハンデ 芝1600m

【自信度・★☆☆☆☆・星1つ】 【不的中】

◎ ⑨ ヒーズインラブ     1着

〇 ⑫ サンライズメジャー  15着

▲ ⑬ マルターズアポジー   9着

★ ⑦ ゴールドサーベラス   6着

注 ② レッドアンシェル    7着

△ ⑥ テオドール       4着

△ ④ グレーターロンドン   5着

 

4/1阪神11R・大阪杯(G1)4歳上OP 定量 芝2000m

【自信度・★★★★☆・星4つ】 【不的中】

◎ ⑧ アルアイン       3着

〇 ① ミッキースワロー    5着

▲ ⑨ トリオンフ       8着

★ ⑪ ウインブライト    12着

注 ⑭ ダンビュライト     6着

△ ④ シュバルグラン    13着

△ ⑮ スワーヴリチャード   1着

△ ⑤ ペルシアンナイト    2着

△ ② サトノダイヤモンド   7着

 

3月31・4月1日

総投資金額 90.000円

払い戻し             0円

収支     -90.000円

回収率              0%

 

3/31の中山11R・ダービー卿CT(G3)は

荒れると見ての予想を反映した結果、荒れるには

荒れましたがそっちかい!?

 

と、レースを見ながら自分で突っ込んでしまったレース。

 

まあ本命のヒーズインラブこそ1着に入選したものの、

その他の印の馬が残念ながら木っ端微塵で…

 

まああの馬券は正直言って取れないとすぐに立ち直りましたが

翌日の阪神メインの大阪杯(G1)は正直レースを見終わった

後にほぼ屍状態に…。

 

【今週の注目馬】でも取り上げて、このレースで本命に

したアルアイン号がまさかの3着に敗退…。

 

そして対抗にしたミッキースワロー号も出遅れ気味のスタートで、

向こう正面で他の馬が押し上げていった時にポジションを

取れずに典さんが一旦下げて直線で内を狙うも進路が

取れずに外を回しての5着という結果に。

 

まあ、現状では勝ったスワーヴリチャード号と

2着のペルシアンナイト号の方が力上位だったのかと…。

 

しかしミルコの騎乗は本当にすごいですね。

 

正直、枠順が決まってからは大外枠の発走でしたし、

昨年の有馬記念(G1)でも見せた右回りで内に

モタれる癖が気になって評価を下げましたし枠順が

決まってから展開等をあれやこれやと考えて結論を

出した答えが昨日の馬連の1点勝負でしたが、ミルコの

あの騎乗はなんなんだ~~~!!!

 

という感じでした。

 

これは否定的ななんなんだ~~~!!!

 

ではなく素晴らしいと言う意味でのなんなんだ~~~!!!

 

です。

 

前半、1000m手前でペースが遅いと見たミルコ騎乗の

スワーヴリチャード号は後方二番手から一気に進出して

ヤマカツライデンを追い越して先頭に踊り出して

ヤマカツライデンと追い切りかよ!?と思うような並走でしたが

4角で完全に抜け出してからは内ラチ沿いのグリーンベルトを

走ってから後は抜け出して着差以上の強い内容のレースでした。

 

このレースを見て、なんか見覚えのあるレースだな?と思いましたが…。

 

それは昨年の東京優駿(G1)でのルメール騎乗のレイデオロ号の競馬と

ほぼ同じような内容。

 

左回りの東京コースと右回りの阪神コースの違いだけでレース内容はほぼ同じ。

 

昨年の東京優駿(G1)もペースが遅いと見るや否や

ルメールジョッキーがほぼ先頭に並ぶ勢いで進出して、

直線抜け出して完勝したレースでした。この昨年の東京優駿(G1)と、

昨日の大阪杯(G1)を見ると正直日本のジョッキーの価値って一体???

 

なんて思ってしまいます。

 

レース後の各ジョッキーの談話を見てみたら一様にペースが遅かったとか…。

 

いやいや、ペースが遅かったら馬を前に導くのがジョッキーの仕事でしょ?

 

って感じですが…。

 

昨日の大阪杯(G1)や昨年の東京優駿(G1)みたいな

レースは日本人のジョッキーはまずやらない。

 

まあ、あんなレースをして負けでもしたら多分トレーナーさんや

馬主さんから多分総スカンで二度と騎乗させてもらえないかも?

 

等というようなこともあるのかも知れませんが、日本人ジョッキーも

もう少し競馬を勉強してもらわないと困りますね。

 

まあ、昨日のミルコの騎乗もスワーヴリチャード号の持っている

競争能力を抜きにしては成しえなかったレースではあるのでしょうが。

 

しかし本当にスワーヴリチャード号とミルコの昨日のレースは素晴らしかった。

 

競馬だけを見ていたらのお話しですが…。

 

馬券的にはね…

 

少々というか、もうかなり痛恨の極みで、いつもレース名に下に載せている

【自信度】ですが、昨日は1年に1回あるかないかの【星4つ】という

勝負ランクでしたので正直にここで言いますと馬連1点に5万円と

ワイド1点に1万円をベットしていましたし、3連単も1点500円の

ベットでしたので総額7万3千円の損失とか…。

 

まあね…

 

昨日のレース自体は素晴らしい内容でしたが、レースが終了後に

そのまま布団にドボンでほぼ廃人状態に…((笑

正直、昨日のレースは自分の中では90%ほどの自信で

臨んでいたものですから当然ですよね…。

 

そして過去を振り返ってみたら…

 

偶然でしょうが、過去の大阪杯はG1に昇格する前の2015年の

G2時代も【自信度】【星4つ】で、昨年も【自信度】【星4つ】でした。

 

まあ2015年と2017年の大阪杯は両方共にゲットしたレースなのですが。

 

まあそういうレースなのかな?と思います。

 

今週末からはいよいよクラシックですからこの負けを取り返したいのですが

正直、クラシックの過去の成績を見ていると成績はあまり良くない。

 

というかかなり悪い数字なので、それを鑑みて今週末からのクラシックに

臨みたいと思いますが…

 

まあ…

 

昨日は今年で一番の落ち込みでした…。

 

このサイトに訪れて、もしも私の予想を参考にされていた

方がいらっしゃいましたら本当に申し訳ありません。

 

ただこのサイトの【自信度】の馬券の【投資ランク】

ベットしている方はまだプラス収支というか、上半期の

負けはないかと思われますので今週末からも怯むことなく

攻めた予想を展開してまいりたいと思っておりますので、

引き続き宜しくお願い致します。

Follow me!

コメント

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。