先週の投資競馬結果。

先週の投資競馬予想の結果は下記のとおりになりました。

 

 3/17中山11R・フラワーカップ(G3)3歳OP 別定 芝1800m

【自信度・★☆☆☆☆・星1つ】 【不的中】

◎ ① メサルティム    6着

〇 ③ ノームコア     3着

▲ ⑤ ノーブルカリナン  7着

★ ⑨ トーセンブレス   2着

注 ④ ロックディスタウン13着

 

3/17中京11R・ 中スポ賞ファルコンS(G3)3歳OP 別定 芝1400m

【自信度・★☆☆☆☆・星1つ】 【不的中】

◎ ④ テンクウ      8着

〇 ⑮ タイセイプライド  6着

▲ ⑨ ダノンスマッシュ  7着

★ ⑪ アンブロジオ    4着

注 ① ムスコローソ   15着

3月17日

総投資金額 7.500円

払い戻し       0円

収支    -7.500円

回収率       0%

3/17のフラワーカップ(G3)と中スポ賞ファルコンS(G3)

ですが記事にも書いたようにどうもモチベーションの上がらないレース。

 

これは馬がどうこうとかいうレベルの話しではなく自分自身の問題で

どうも3月に入ってから予想の歯車が噛み合っていないようで

予想自体は自分では最終的に納得しての決断なのですが、やはり調子が

良い時ってもっとすっきりと予想が出来て的中しても的中しなくても

納得のいく予想なのですが、今月はそんな予想があまり出来ていない様子です。

 

まあこういうのって競馬に限らずなんでもそうなのですが好調の時も

不調の時もあるものですから、いずれまた予想が的中してくるとは思いますが

(希望的観測ですが…。)

 

まあこればかりはいつ好調の波が来るのかというのは正直予測は出来ないです。

 

こういった時の対処法等はまた別の機会に記事にしようと思いますが

昨日の『阪神大賞典(G2)』および『スプリングS(G2)』も

ハッキリと予想の不調が目に見えていたので昨日は予想をせず

(一応予想はしましたが、最終的には『見』で馬券は買いませんでした。)

 

取り敢えず競馬は一時休養という手を取りましたが、結果それで正解でした。

 

当初は【今週の注目馬】で挙げたクリンチャーからの馬券を馬連の1点で

買う予定でしたが、第六感というものなのか否かは分かりませんが、心の

声が『止めておいた方が無難だよ』っていうような声が聞こえたので

昨日は2レース共に『見』でした。

 

一応、各レースを振り返ってみるとフラワーカップ(G3)は本命の

メサルティムが好スタートから先行しましたが直線の伸びが案外で

6着に敗退。

 

そして中スポ賞ファルコンS(G3)で本命に推したテンクウですが

スタート直後から後方での競馬で4角を回って直線に入ったところで

進路が開かずに外に持ち出したがそれでも進路が開かずに更に外に

出した時点で先団からはかなり離された位置取りだったので正直

あの競馬は田辺ジョッキーの進路の判断ミスという見方も出来るのかと

思われますが、まあ仕方ないというのも確かで田辺ジョッキーを責められる

というほどの騎乗ミスではなかったかと思われますし、それが競馬なので

まあ仕方なしですか。

 

記事の中でも何回か言いましたが気が乗らないというのは自分自身の問題

なので、レースの質が悪いとか馬がとかいう問題ではないです。

 

正直、上記のレースの予想をしている時に、なんか違和感を感じながら

レースの予想をしていたのですが、その違和感は最後まで取れることはなく

最終的に上記のような予想をしたのは間違ってはいないと思いますし

展開次第では上記の馬が上位を占めることもあったかとも思いますので

こればかりは何とも言えません。

 

まあ今回のファインプレーといえば日曜日の重賞二鞍を

思い切って『見』にしたことでしょうか?

 

7~8割の確率で日曜日の阪神大賞典(G2)ではクリンチャーが

連は確保すると見ていましたが、スタート直後から掛かり気味のレースで

最後に脚が鈍ったのはそのせいもあるでしょうし、前走でG1馬を

撃破したのも馬場が重だったのも一つの要因かと思われますので今回は

馬場も向かなかったのも一つの敗因だと思われます。

 

昨日の『阪神大賞典(G2)』の記事にも書いたように私の予想を

外して馬券を買われた方の中には馬券が的中された方も多いかとは思いますが

これはギャンブルの鉄則ですね。

 

調子の悪い人間の予想を外して買うっていうのはある意味ギャンブルの

必勝法の一つですし。

 

まあ、この2週ばかり予想を前日に記事にしているのも一つの要因かとは

思いますが、それは正直言い訳ですか?

 

『フェブラリーS(G1)』みたいに出馬登録の段階で上位に入選する

可能性のある馬を見つける時もありますから、そればかりが敗因では

ないのでしょう。

 

いずれにせよ体制を見直して、今週末から始まるG1シリーズで良い結果を

出したいと思いますが?

 

まあいつ運やバイオリズムが上向いてくるかは分からないのですがいつ

その時が来てもいいように用意はしておくのが大事ですね。

 

まあ向かい風は振り返れば追い風に変わると言いますから…。

 

Follow me!

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。