フォローする
スポンサーリンク

2018年2月度投資競馬馬券収支。

2018年2月度の投資競馬の馬券収支は

下記のようになりました。

レース総数 11戦

勝数    5回

投資合計金額 210.800円

回収合計金額 973.480円

最高回収金額 591.800円

収支    +762.680円

回収率        461.8%

今月はかなり良い成績が残せました。

勝因としては【自信度】【星3つ】のランクの

レースが二鞍あり、その二鞍がいずれも本線で的中した

事が最大の勝因だったかと思います。

【自信度・星3つ】『東京新聞杯(G3)』では

馬連  ◎⇒▲   3.000円 24.5倍  73.500円

3連複 ◎‐▲‐★ 3.000円 46.3倍    138.900円

3連単 ◎⇒▲‐★  200円 273.9倍    54.780円

                   計 267.180円

という勝負どころでの結果が良かった感じです。

そしてまだ今年は始まってから2ヵ月が終了したばかりですが

おそらく今年1番の快心の予想が出来た

フェブラリーステークス(G1)の予想が自分で言うのも

なんですがすごかったと思います。

(自画自賛ですみません。)

詳しくは【コチラ(クリック)】をご覧いただければと思いますが、

まあたまたまレース展開が向いただけって言われたらそこまでですが

記事に書いた通りの結果に自分でも驚いています。

『フェブラリーステークス(G1)』結果

【自信度・星3つ】

馬連  ◎⇒〇    5.000円  11.4倍 57.000円

3連複 ◎⇒〇⇒▲  5.000円  65.4倍 327.000円

3連単 ◎⇒〇⇒▲   500円    415.6倍 207.800円

                                     計591.800円

っという感じで勝負度合いの高いレースでいずれも

馬連&3連複&3連単トリプル的中というのが大きいと思います。

正直、このサイトではいつも言っていますように単系の馬券は推奨して

おりませんが、上記の2レースは勝負度合いの高さと軸がハッキリと

していたので遊びで買った3連単が的中でした。

まあ3連単はオマケ的な部分がありますが、それでも的中すると

大きいですね。

フェブラリーステークス(G1)の翌日に、複数の競馬記者が

『一番強い競馬をしたのはゴールドドリーム』という記事がネットに

掲載されていました。

私もそれに異論はありません。

ですが競馬というのはオリンピックや世界陸上のように同じ距離を

同じスタートで走ったりするわけではないので一概にどの馬が

一番強い競馬をしたかというのは分からない部分が大きいと思います。

なので内容がどうあれ、勝った馬が一番強いという事だと思います。

まあ正直、たまたま展開が嵌って当たっただけでしょ、

って言われればそれ以上は何も言えないところですが。

なんにせよこれでおそらく上半期の負けの確率はかなり低くなったかと

思われますので、今週末からは少し攻めた競馬予想をしていきたいと

思います。

Follow me!

スポンサーリンク
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。