クレジットカードのリボ払いは止めた方がいい本当に怖い理由。

Keraの備忘ろぐはこの度サイトを移転しました。

新しいサイトは下記の通りです。

新たにブックマークかメールアドレスを

記入してご登録下さい。

 

https://keranolog.com/

 

どうぞ宜しくお願い致します。

 

Kera ‘s memorabilia has relocated the site this time.
The new site is as follows.
New bookmark or email address
Please fill in and register.

https://keranolog.com/

Thank you very much.

以前、auウォレット・クレジットカード』を使用

していた時の事ですが、いくら買い物をしていても

月々の支払いが1万円だったことがあり、おかしいと思って

調べてみたら、デフォルトの設定が『リボ払い』の設定に

なっていたという事があります。

 

この時は『au』ショップにて『auウォレット・プリペイドカード』

作った時についでにと思い『auウォレット・クレジットカード』

作った覚えがあります。

(auウォレット・クレジットカードだとauの携帯代金の決済の時に

ポイント還元が多かったからですが。)

 

その時は店員さんに言われるがままに登録をしてしまって確認を

怠った自分がいけないのですが、その登録の段階ですでに

『リボ払い』設定にされていたようです。

 

まあ『リボ払い』とはなんぞやっていう事から説明いたしますと

普通のクレジットカードっていうのはどのカードも同じで商品を

購入したらその購入時のタイミングにもよりますが、大体翌月の

27日とかクレジットカード会社によっては10日の支払いとか

いろいろありますが基本は翌月に指定の口座から商品の購入代金が

引き落とされますが例えばこれは何処のクレジットカード会社でも

共通ですが一括払いの場合は手数料はなしで商品の購入代金のみを

支払うのですが基本は2回払いまで、クレジットカード会社によっては

3回払いまでは手数料が無料のクレジットカード会社もあるようなのですが

それ以上の例えば6回払いとか12回払いとかの場合は別途、手数料が発生します。

 

私は基本、一括払いでしか買い物はしないです。

(っというか最近はクレカはほぼ使用していなくてプリカ派です。)

 

っというのも、まあ手数料が無料でも2回払いや3回払いだと

自分が使ったお金の把握が難しくなるからというのが1点と、6回払い

12回払いってクレジットカード会社によって程度は違いますが

手数料という名の金利がもれなくついてきます。

手数料と言えば聞こえはいいのですが要は借金です。

クレジットカードで6回払いや12回払い、そして24回払いや

36回払いにすると、もうそれはサラ金でお金を借りているような

ものなのですが何故かクレジットカードだと複数回払いやリボ払いに

している方ってそれは言い方を変えている借金なんですよっていう事を

認識していない方が多い感じです。

 

6回払いや12回払い、そしてリボ払いっていうのは金利のつく

いわば借金ですから、そういうのはなるべく避けた方がいいと思います。

 

例えばどうしても今買わないとその商品は二度と手に入らないけれども

現在の手持ちがないっていう場合は6回払いや12回払い、または

リボ払いっていう選択肢も否定はしませんが、金利がつくのを理解しての

買い物ならば否定はしませんし、その方のお金の使い方にとやかく

いうつもりはありません。

 

もしも私が現在の自分の持っているお金以上の商品を欲しくて、

尚且つその商品が今を逃したら二度と手に入れられない

という希少性の高い商品ならばもしかしたら6回払いとか12回払いとか

またはリボ払いで購入する可能性もなくはないです。

(いや絶対にないと思います。)

 

でも、基本、私はそういう時は諦めます。

 

だって今の自分が買えない値段のものっていうのは、要は分不相応って

いう風に考えているからです。

 

人間って分相応に生きていればそんなに無理な生き方をしないで

済むと思うのですが、それが分不相応な生き方をすれば無理な生き方に

なりますから、結果生きていくのに結構苦労すると思います。

 

まあ苦労をしてまで生きたい方は別なのですが。

 

で、リボ払いの件に戻りますが、ほとんどのカード会社のリボ払いって

会社によって手数料は異なりますが大体10%~15%程度のところが

多いみたいです。

 

このリボ払いの計算ってなんだか小難しくて分かりにくいので詳しい説明は

省略させていただきますが、要は10万円の商品をリボ払いにして

購入すると15%だと合計で11万5千円のお支払いになりますよ。

っという事です。

 

まあ10万円程度ならば問題はないですが、普通の感覚で言うと

10万円の買い物をするのにわざわざ複数回払いやリボ払いにする

方って少ないとは思いますが、それでもリボ払いにすると一括で買えば

10万円で済むものをわざわざ1万5千円も余計にお金を払うのって

ちょっと考えればバカバカしい事ですよね。

 

そしてリボ払いの本当の怖さって、人間は注意していないと物欲に

負けてしまう生き物なので、まあこの商品だけは

 

って一つの商品をリボ払いにしてしまうと、設定によって異なりますが

大体、月々のお支払いは1万円程度。

(最近は3千円から5千円ぐらいからのお支払いも選択が可能だとか。)

なので1万円ぐらいならばもう一つぐらいって増えていき、最後は多分もう

手に負えないほどの商品を購入してしまい、気が付いたらリボの残高が

100万円ちかくなっていたり、人によっては100万円をオーバーする

方もかなり多いのだとか。

 

 

仮に10万円の商品を一つだけリボ払いで購入してリボ払いにすると

大体1ヵ月で1万円ずつの返済で12回払いぐらいになる場合が多いよう

ですが、それは10万円の商品を一つだけ購入した場合ですので

その商品が一つ増える毎にその返済期限が延びていき、100万円程度に

なりますと、もう金利がすごい事になってしまい、毎月定額の1万円は

カード会社に支払っているのですが、実質の元金の返済は3千円程度

になってしまい結果何十年も掛かって無駄な手数料を支払い続けて

しまう事になり結果的にはいつまで経っても支払いが終わらないという

俗にいう『リボ地獄』に陥ってしまう方が多いと聞きます。

でも、そこまでになっていても人間っていうのは思考を捨てると

楽に生きていけるので考えることを止めてしまう。

 

そうするといわゆる『リボ地獄』の中にいるのに自分の思考回路では

毎月1万円を返済しているのだからいつか返済は終わるって思ってしまう。

でも現実はそう簡単ではなく、1回『リボ地獄』に陥ってしまうと

そこから抜け出すのはもうかなり頑張らないと抜け出せないと思います。

 

でもそもそも何かを買う時に安易に『リボ払いで』っていう方って

多分、そこで何かが抜け落ちていると思いますから、多分、最初は

これ一つだけって思って『リボ払い』にしてしまうのでしょうが

ほとんどの方は大体これ一つでは済まない場合が多いかと思われます。

 

まあ正直、『リボ払い』で買ったと思って、そこで我慢をしておいて

例えば10万円のものを買う時にその時は我慢して『リボ』で

商品を購入したと思って毎月1万円ずつ貯金していけばたったの

10ヵ月でその商品を購入することが出来るのですから、何も

好き好んでカード会社に『リボ払い』っていう名の借金をしなくても

いいと思うのですが。

 

まあこればかりはね

 

その方の考えや生き方もありますから一概にいけないとは言いませんが。

 

私もauウォレット・クレジットカード』の時にほんの数か月ですが

リボ払いになっていて、すごく後悔した覚えがありますが、この

auウォレット・クレジットカード』ってネットで調べてみたら

こういうトラブルが頻発していたらしいです。

 

まあこういう契約っていうのは何処まで行っても自己責任なのは

否めませんが、それでもデフォルトで『リボ払い設定』っていうのは

正直納得が行かないです。

 

まあ、ネットなんかで見たら、年老いた親が『au』で携帯を契約した時に

auウォレット・クレジットカード』の契約を勧められて、店員の

言われるがままに契約してしまい、それを使用していて子供が

おかしいって気が付いて『au』に苦情を入れたとかいう事例が

ネットには結構載っていましたから、被害にあったのは私だけでは

ないのかと思われます。

 

まあ当時の『au』って、『auウォレット・プリペイドカード』や

auウォレット・クレジットカード』に力を入れていたらしいので

各店舗の従業員に『リボ払い』の契約にしておけ。

 

みたいな指示が出ていたのではって推測されますが、まあ酷い会社だと

思います。

まあそのかいあってかかどうかは分かりませんが『au』の

プリペイドカードもクレジットカードもかなりの契約数らしいですから。

 

でも、『au』の『auウォレット・クレジットカード』って結構審査が

ゆるゆるで、私も最初の契約をした後で後日クレジットカードが

送られてきたのですが限度額が100万円とかになっていました。

 

これに関しては、私は契約の時に限度額は50万円でって店員さんに

口頭で伝えたかと思うのですが、何故か限度額が100万円でした。

(しかもキャッシング枠が50万円もありました。)

 

私は以前も記事に書きましたがクレカは5社ほど持っていますが

どのクレカの会社も最初は50万円の限度額だったかと思います。

 

その5社のクレジットカードの中で限度額が100万円なのは2社ですが

auウォレット・クレジットカード』を所有していた時は3社でした。

 

残りの2社は過去の実績によって限度額が100万円になったとおもいます。

 

まあ『auウォレット・クレジットカード』は『au』の契約をしていない

方にはとたんに冷たくなって還元率もほぼ無しという徹底ぶりでしたから

au』の契約を解約してからは『auウォレット・クレジットカード』も

解約しましたが、それにしてもね

 

まあ今日は長々とクレカについて記事にしてきましたがこれは考え方なので

クレカで6回払いや12回払い、36回払いとかリボ払いのみで

買い物をしているっていう方はある意味理解して使用していると思うので

私がとやかく言える立場ではありませんしその方の生き方であり

買い物のしかたなんで何も言うつもりはないですが、もしもですが

複数回払いやリボ払い等についてあまり知識がなく、なんとなく

使用していたっていう方は、この際一度複数回払いやリボ払いについては

見直してみた方がいいかもしれません。

 

特にある程度のお金があって知らずにリボ払いとかにしている方は

一度全部清算してから、買い物は1回払い、もしくは手数料のかからない

複数回払いにした方がいいかもしれません。

 

まあクレカって意外と怖いですよ。

 

複数回払いやリボ払いっていうのは要は借金なんですから。

 

Follow me!

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。