電子書籍のすゝめ…Amazon・Kindle Paperwhiteって良いですね。

mono

Keraの備忘ろぐはこの度サイトを移転しました。

新しいサイトは下記の通りです。

新たにブックマークかメールアドレスを

記入してご登録下さい。

 

Keraの雑記ログ
グッズのレヴューの多い雑記ブログサイトです。

 

どうぞ宜しくお願い致します。

 

Kera ‘s memorabilia has relocated the site this time.
The new site is as follows.
New bookmark or email address
Please fill in and register.

Keraの雑記ログ
グッズのレヴューの多い雑記ブログサイトです。

Thank you very much.

意外かもしれませんが、私は本を一ヵ月に

平均して10冊ほどは読んでいます。

 

まあ本は昔から好きで様々なジャンルの本を

読みますし以前は本屋さんには週に2~3回は

通っていました。

 

でもいつも思っているのが、本って数冊ぐらい

ならばなんの問題もないのですが、それが数百冊単位

になったり、放っておくとそれこそ昔みたいに数千冊単位

になってしまい、本棚が3つも4つも必要になり

場所もかなり取るので、一昨年の引っ越しの際に

本は全て処分して綺麗さっぱりとした部屋で過ごして

きましたが、それでも本は読んでいたのでいつの間にか

また溜まってしまう。

 

以前は近所にブックオフが有ったので、それこそ一度読んで

満足した本はすぐにブックオフに売っていましたが、

それも出来ない。

 

しかも本って一度読んでも、生活のあらゆるシーンで

あるときふとその本を読みかえしたくなることも多々

ありますからどうしようかと悩んでいたある日ですが

友人からAmazonのkindleっていう電子書籍のタブレット端末

は評判良いみたいよ!?

 

って聞かされてちょっと調べてみたらこれが意外に良いかも?

 

しかもたったの16.280円で、しかもキャンペーン情報付きの

モデルならば更にそこから2.000円引きされるというので

(Amazonプライム会員のみ)

早速ポチっとしてから、レヴューを読んでいたらあれっ…

 

なんか『キャンペーン情報付き』で通常版のものよりも割安な

モデルは買ったら後悔しますよって数件のレヴューがありまして。

 

通常版ですとOFFの状態から画面を開いた時にすぐに前に読んだ

続きから本が読めるらしいのですが、『キャンペーン情報付き』

モデルだといちいちそのたびに他の本のkindleのCMが入るというのです。

 

なので、私は数時間前にポチっとしたものを即、キャンセルリクエスト

しましたが、もう間に合わないとのメールが届き。

 

なのでどうしようかと思っていたのですが、一応、Amazonの

カスタマーサービスに連絡してみようという事になって電話を

いただくように手配。

 

ほんの数分でカスタマーサービスから電話が入り、状況を説明しました。

 

この時はポチっとした数時間後と言ってもまだ前日の夜8時前で

画面上では出荷準備になっていたので、それをカスタマーサービスの

方に伝えると、その方は部署が違うのでどうにもできないとの返事でした。

 

なので、では商品が届いたらそのまま返品して新たに『キャンペーン情報付き』

モデルではない通常版を再度購入するという趣旨をカスタマーサービスの

方に言ったら…

 

まあこれは此処だけのお話しなんですが、その時にカスタマーサービスの方が

『お客様、一旦今回の商品をお受け取りいただいた後にこちらから操作して

キャンペーン情報は削除して通常版と変わらぬ状態で使用できるように

こちらで手配いたします』

っとの事でした。

 

私としては別にクレームを入れたわけでもゴネたわけでもなく

普通にお話しをしていただけですからね!?

 

特に強気にものを言ったりとかいう事は一切していません。

 

その時はカスタマーサービスの方の判断とご厚意でそのような処置が

施されました。

 

現在手持ちのkindle Paperwhiteを購入したのはもう2年ほど

前なんですがそれがコチラ。

まだ届いた時はキャンペーン情報が載っていましたが、

届いた翌日にはそのキャンペーン情報は削除されていて

通常版と変わらぬ使用が出来ました。

 

そしてその前の日にカスタマーサービスの方とお電話していた

時に私は追加料金を払いますから一度返品して新たに

キャンペーン情報なしの通常版を購入する趣旨を伝えたのですが、

その時にカスタマーサービスの方が

『今回に関しましてはお値段はそのままで結構ですので。』

っとの事でなんとも通常版がキャンペーン情報付きのモデルと

同じ価格で手に入れることが出来ました。

 

まあ、これは本当に運がいいというか、たまたまの処置だったと

思いますのでこれと同じ方法で自分も安く手に入れようとかは

思わないほうがいいと思います(笑)

 

あくまでたまたまそういうお話しになっただけですので、故意に

そういう事を狙ってお安く手にいれようとすると失敗する可能性も

ありますし返品するときの送料まで負担して、結果高い買い物に

なってしまう可能性が大ですからね。

 

まあこのkindleですが一番安いモデルですと8.980円からありますが

私としてはこちらはあまりお勧めできません。

 

っというのも一番安いモデルにはバックライトが備わっていないので

ある一定の状況では普通に本が読めるのですが、夜や外で明るい時に

画面が非常に見ずらいとのレヴューがたくさん載っていましたので。

 

今回購入した『Kindle Paperwhite』に関しましてはバックライトが

付いているので夜間はもちろん、外出先の明るい屋外でも、どんな

場面でも安定して本が読めるのでコチラが一番お勧めです。

 

これよりも高いモデルも2機種ありますが、様々な媒体で見て

研究した結果、特に高いお金をだして『Kindle Paperwhite』の

上位機種を買う必要性は全くないかと思われます。

 

なのでベストバイは『Kindle Paperwhite(キャンペーン情報なし)』の

通常版だと思います。

 

そして『Kindle Paperwhite』にはマンガモデルというのも最近

発売されましたが大きさは『Kindle Paperwhite』と同じ画面なので

マンガをよく読む方は逆に『Kindle Paperwhite』を選択肢から

外して『fireHD』の8インチ等のモデルを買った方が多分より

読みやすく良いと思います。

 

まあ『Kindle Paperwhite』って本当に良いですよ。

 

ブルーライトを発生しないので、就寝前に読んでいても脳が活性してしまう

こともないですし、その状況によって画面の輝度も変えられますし

その方の目に応じて文字の大きさも自由に変化できますから。

 

なによりも一番良いと思うのは本のごみが出ないことです。

 

この『Kindle Paperwhite』には一般的な書籍がおよそ数千冊入るって

いうのですから、それはもう本を買っていけば普通の人ならばこれ

一台で充分ですし、万が一自分は数千冊では足らないって方は

もう一台新たに買えばいいだけの話しなんですが、そんな方って滅多に

居ないかと思われますし。

 

まあこの『Kindle Paperwhite』を購入してからは毎月1冊は

kindleオーナーライブラリー』で一冊無料で読むことが出来ますし

Amazonkindle本って安いのだと100円とかからありますので

気になった本は即ダウンロードして読む事が出来ます。

 

私も就寝前に本を読むことが多いのですが、やはりブルーライトを

発生するタイプのスクリーンではないため脳が変に活性することもなく、

すぐに眠りに就けます。

 

そして何度も言うようですが本棚が一切要らなくて、部屋の中が

本に侵食される恐れが全くないというのは本当に快適です。

 

そして読み心地も紙の本と遜色ない読み心地で、むしろ今では

Kindleの方が本を読んでいる気がします。

 

まあこれは余談ですが昨日よりAmazonでは年に数回しかない

大バーゲンのタイムセール祭りをやっていますから、kindle

FireHDを購入するなら今のタイミングがお安く手に入れられる

最大のチャンスだと思います。

 

正直fireHDに関しましては使用したことがないもので評価は

出来ませんが、kindleならばこの2年使用していますから評価できます。

 

その評価は、本好きの方ならば絶対に買いだと思います。

 

ちなみに旅行に行く時なんかも以前は本を数冊持っていって手荷物が

多くなり困ったことがありましたが、kindleならばこの小さな端末に

数千冊入れられるのでちょっとした図書館を持ち歩いているようなもの

ですからとても便利です。

 

そして最後に、kindleには辞書の機能が付いていますから、本を読んでいて

たまに分からない言葉が有ったりすると、その部分をなぞると

辞書の機能が立ち上がってすぐに意味や読み方も分かりますから

これはもう本好きにはたまらないアイテムだと思います。




Follow me!

コメント

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。