1982年製・Gibson Les Paul Leo’s Reissue(レオズ・ビンテージ59年)

Keraの備忘ろぐはこの度サイトを移転しました。

新しいサイトは下記の通りです。

新たにブックマークかメールアドレスを

記入してご登録下さい。

 

https://keranolog.com/

 

どうぞ宜しくお願い致します。

 

Kera ‘s memorabilia has relocated the site this time.
The new site is as follows.
New bookmark or email address
Please fill in and register.

https://keranolog.com/

Thank you very much.

 

このブログサイトをご覧になった方は

もうお気付きだとは思いますが

ヘッダーの画像に使用しているギターの

数々ですが、その中でもお気に入りのギターの

Gibson Les Paul59リイシューです。

このギターの詳しい解説は『コチラ(クリック)』

ご覧頂きますと詳しく解説していますので

割愛させていただきますが、このギターは

1984年に当時、何軒かギター屋さんに

通っていたのですが、その内の渋谷のギター屋さん

で見かけて衝動買いしたギターです。

 

画像を見て頂ければお分かりになるかと思いますが、

このころのレスポールにしてはトラ目も綺麗に

出ていて、俗にいうブックマッチでとても

良い感じのギターです。

当時の私は高校生で、その時はバイクに

乗るために中型二輪の免許を取得するために

親からお金を借りて自動車学校に行くちょっと前に

月に一度は通っていた渋谷のギター屋さんに

行った時に、当時私はジョン・サイクスという

メタルのギタリストが好きだったのですが

そのギター屋にGibsonのレースポール・カスタムの

黒が入荷していてそれを見た私はもう

一目惚れしてしまい、店員に言って予約してもらい

その翌日に購入しに再度ギター屋に訪れた

時にその黒のレスポール・カスタムの横に光輝いて

いたのがこの『レオズ・ビンテージ59年』です。

当時のお値段で確か黒のレスポール・カスタムが

30万円ちょいでしたがこちらの

『レオズ・ビンテージ59年』59万円

ちょうどのお値段でした。

当時、そのギター屋さんの店員さんも

それが『レオズ・ビンテージ』という

事は知らずに販売していたみたいで、

店員さんに『このギターなんですか?』

って聞いたらGibsonレスポール・59年製リイシュー

ですとの事でした。

まあ当時から店員さんの説明では

限定生産品でこれが入荷最後のギター

だとか言われたので、限定生産とかいう

言葉に弱い私はその場で黒のレスポール・カスタム

の予約を取り消して『レオズ・ビンテージ59』

再予約してしまいましたが、黒のレスポールカスタム

でさえ予算を十数万円オーバーだったのですが、

『レオズ・ビンテージ』は更に予算を30万円以上

のオーバー。

でもこの『レオズ・ビンテージ』には完全に

一目惚れしてしまい、当時親を説得してなんとか

残りの30万円超はバイトをして支払うという

約束でローンを組んで購入しました。

当時はそんなにギターを弾けるというほど

でもなかったのですが、それでも当時から

欲しいものは絶対に手に入れるという主義

だった私は、それはもう必死でバイトをして

毎月3万円超の支払いを12回払いで

返済していました。

エレキギターは中学2年ぐらいから

始めましたが、最初の一台目は

フェンダー・JAPANのストラトキャスター

でしたが、そのギターを購入してから直ぐに

先日アップした同じくフェンダー・JAPAN

ピンクのギターに一目惚れして最初の

ギターを売って、それに足したお金で

購入しましたが、それから1年ぐらいで

この『レオズ・ビンテージ』に出会ってしまい

もう一目惚れで購入しました。

それ以降、何台もギターを買いましたが、

基本、飽き性の私なので買っては売り、

買っては売りの繰り返しでしたが、

2台目のギターと3台目に買ったこの

『レオズ・ビンテージ』は何故か30年来

手放していなく未だに所持しているお気に入りの

ギターです。

その音質は当時レコードで聞いていた

ハードロックの巨匠たちのサウンドに

結構似ていてとてもナイスなサウンドです。

まあ購入した当時は高校生だったので、

かなり無茶な扱いをしていましたがネックが

折れるという事もなく状態としては30年物に

したら未だにナイスなコンディションだと思います。

購入した当初は少し音が固いかな?

という風に思っていましたが、最近たまに

スタジオに持ち込んで弾いてみると、30年の

風格なのか、そのサウンドに厚みが増して

なかなか良いサウンドになったと思います。

まあ楽器って経年変化でそのサウンドが

変わるものなのだと思うのですが

流石に30年も使うギターって少ない。

私が所有しているギターも30年以上

使用しているのは先にも触れた

フェンダー・JAPANのピンクのストラトキャスター

とこの限定生産品のGibson レオズ・ビンテージ59年』

の2機だけです。

まあ流石にGibson製で、しかも今は閉鎖されている

カラマズー工場生産品なので、その造りは

とても丁寧でよく出来ており購入してから

もう30年以上も経ちますが、その間に

リペアに出したことはなく、一時期、ギターを

弾くのを止めていた時が有りましたが、この

10年でまたギターを再開した時に一応馴染みの

ギター屋さんにこのギターを診てもらったのですが、

どこも修理する箇所もなく、ネックの反りなども皆無

というぐらいで、流石はGibsonの限定生産品で

カラマズー工場製だな?

って馴染みのギター屋も

『ちょっと弾かせてもらえますか?』

って、結構夢中になって試奏して、

『これ良いですね~!?

って絶賛されてしまいました。

まあ最近のヒスコレなんかの方が

より精密にオールドの58年や59年の

精密なコピーのギターを作っていますが、

それらのギターを、たまに馴染みのギター屋さん

で弾かせてもらうこともありますが、多分贔屓目

あるのでしょうが、私の所有している

『レオズ・ビンテージ59』の方が

多文、明らかに音は良いと思っています。

まあこの先も手放すことはないとは思いますが、

高校生だったころにバイクの免許は取れなかった

ですが、でもこちらの『レオズ・ビンテージ59』

を購入して今では正解だと思っています。

自分では当時の自分の判断を褒めて

あげたいと思いますが?

それにしても良いギターです。



Follow me!

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。