ミニマリストまでは行かないプチ断捨離のすゝめ。

コラム

Keraの備忘ろぐはこの度サイトを移転しました。

新しいサイトは下記の通りです。

新たにブックマークかメールアドレスを

記入してご登録下さい。

 

Keraの雑記ログ
グッズのレヴューの多い雑記ブログサイトです。

 

どうぞ宜しくお願い致します。

 

Kera ‘s memorabilia has relocated the site this time.
The new site is as follows.
New bookmark or email address
Please fill in and register.

Keraの雑記ログ
グッズのレヴューの多い雑記ブログサイトです。

Thank you very much.

確か一昨年ぐらいから結構な話題になっている

『ミニマリスト』の方々が脚光を浴びています。

 

私も以前の家では正直物があふれている部屋で、

俗にいう汚部屋の一歩手前の生活をしていました。

まあ人間って意識をしないと堕落していく生き物

なんでそれは私に限らずあらゆる方にその可能性は

あるかと思われます。

 

そんな私が『ミニマリスト』までは行かない

『プチミニマリスト』という生活の仕方に変えたのは

一昨年(正確には2年半前)の引っ越しが

切っ掛けでした。

一昨年まで住んでいた部屋は1DKで8畳半の寝室に

6畳のダイニングキッチンで、バス・トイレは別の家賃が

88.000円のアパートに住んでいましたが、そのアパートは

祖母の持ち家のアパートだったので他の部屋の方は

正規の88.000円で住んでいましたが私は祖母のはからいで

格安の50.000円で住ませて頂いていたのですが

その大好きだった祖母が4年前に他界してから

そのアパートは相続の対象になっていてどうなるのかと

思いましたが相続したのが祖母の子供で

私の叔母にあたるのですが、その叔母が

 

まあこれは人の考えなんでどうでもいいのですが今迄、

祖母のはからいで50.000円で住めていた部屋の家賃を

値上げして他の住人と同じ価格にするって言いだしたので、

私的には正直独り住まいですし1DKの広さの

住居は必要なかったのでその祖母の持ち家だった

アパートから出て行くことに。

 

まあ住居って広ければいいものでもないですし、

正直1DKといっても使用していたのは寝室の8畳半の

部屋だけでDKの方はほぼ使用していなかったので、

まあいっか、って思い引っ越しを決意。

 

まあ叔母に引っ越しが決まるまでは元の家賃でと

交渉して納得してもらった。

 

 

そこから新しい住居探しが始まったのですが、これが

意外に難航しまして。

 

っというのも私は昨日の記事でも書きましたが

以前結婚していて、結婚するまでは実家暮らしで

結婚して初めて部屋を借りるという事は

体験したのですが、その住まい探しは家内に

任せっきりでしたので不動産屋さんに行った事が無い。

そして結婚してから2年程は新居のマンションで

暮らしていましたが子供が産まれたのを境に祖母の

持ち屋のアパートは2軒あったのですが祖母が

『子供が産まれてその広さの家では不便でしょ』

って気遣ってくれて祖母の持ち家の2DKのアパートに

移住したのですがそれ以来、ずっと祖母の持ち家のアパート住まいで、

私の母と弟夫婦がもう1軒の祖母の持ち家のアパートの

3DKの部屋に住んでいたのですが私の母が亡くなった時に

親族会議が行われ、母と弟夫婦が住んでいた部屋には

長男の私が住むべきとの結論が出まして、その意向で

2DKのアパートから前の3DKのアパートに移住。

 

そしてそこには10年程住んでいましたが、離婚を境に祖母から

『独りで住むのに3DKは必要ないでしょっ』

って言われてそのアパートの2Fの1DKの部屋に

移住してだったので、私個人で部屋を借りたというのは

結婚した最初の2年だけで後は不動産屋さんを通さないで

祖母と直接、賃貸の契約(口約束ですが)をしていましたので、

実質、部屋を自分自身で借りるのは今のアパートが

初めての経験なので、まあ部屋探しにはかなり

苦労しました。

 

とはいえ現在の住居は部屋を借りることになって初めて

行った不動産屋さんで契約したのですが、最初は今住んでいる

住居は不満だったので方々探し回ったのですが、結局家賃と

の折り合いで現在の住居にしました。

 

そして引っ越しを決めてからが一苦労。

 

っというのも前の部屋は1DKで今の部屋は

1KとDKの6畳の分の荷物が物理上入りきらないのですから。

 

そこで初めて表題の件に突入です。

 

先ずは1DKの部屋から1Kの部屋に引っ越すために

計画を立てたのですがこれがもうどう考えても、普通に

考えたら引っ越しが出来ない。

 

そこで初めて

『もう家具とか本棚とかは全て処分しよう』

引っ越し先には必要最小限の物だけを持って

行こうという事になりました。

 

その時にミニマリストという存在を知り、

その方向で行こうと決意し先ずは物を処分する

事から始まりました。

 

前の住居には家具・家電がもう1DKの部屋に

所せましと有ったのですが最低限必要なものは???

って考えていたのですが、もうそれすら面倒になり

新しい住居に持っていく物はおおまかにいうと

TV・冷蔵庫・こたつ・パソコン・ギター(4機)だけ

にして、今迄使用していたものは全て処分にしました。

 

新しい住居で必要なものは必要だと思った時に全部

新たに買うということにしてもう全て処分です。

 

以前の記事でも書きましたが1000枚以上あったCDも半分は処分。

そして前の前の家時にあった書籍は2000冊程有ったのですがその

半分は前の家に移る時に処分しましたが、残りの書籍の1000

ほども全て処分。

 

そして今の住居の直ぐ近くにコインランドリーが2軒

あるので当然、洗濯機も処分対象。

 

なので引っ越しの時の荷物は上記の

TV・冷蔵庫・こたつ・パソコン・ギターの

他は引っ越し会社の大きな段ボールで8個と

いう荷物の少なさでした。

 

まあ以前は私も人並みに服も持っていましたのでタンスは

必要でしたが引っ越しに際して夏物・冬物で最小限必要な

もの以外は全て処分しましたので当然タンスは要りません。

 

そして叔母と話し合い、出て行くかわりに新居に持って

いけない物は全て叔母の負担で処分してもらうという事で

話しがつき、引っ越した時に前の部屋はそのまま居ぬきで

生活ができるほどの家具・家電・キッチン用品などが

ありましたが、多分処分するにはかなりの費用が

掛かったかと思いますが、それらは全て叔母もち

だったので私には負担が有りませんでした。

 

そして新居での生活が始まったのですが、それでも

今迄の1DKの部屋から比べたら1Kというのはいかにも

狭いので前の住居から持ってきた荷物の半分も、

引っ越しして1年程で処分しました。

 

そして先日更に不要なものは処分しようと思い持ってきた

CD500枚も全てメルカリで処分。

 

そして引っ越してから2年チョイなんですが、その間に

使用しなかったり見なかったものも全て処分しました。

 

なので今の部屋は結構スッキリしています。

 

以前の部屋は寝室が8畳半あったのですが今の住居は

6畳一間なので2畳半狭いのですが、以前の部屋よりも

スッキリとしています。

 

そこで片付けが出来ないとか部屋がもので溢れかえっている

方は思い切ってモノを処分すればスッキリとした生活が

送れると思います。

 

モノの処分って結構勇気がいりますし面倒なのですが

私が実践した方法は週に2回のゴミの日にスーパーの袋、

1つ分のモノを捨てるという方法です。

 

一度にモノを処分しようとすると結構な労力ですし

面倒ですが週に2回のゴミの日にあわせて不要なものを

スーパーの袋、1つ分だけならばかなり楽にモノを処分出来ます。

私の現在の部屋は昔のタイプの住居なので押し入れが

とっても広いので引っ越しの際に前の家から持ってきた

引っ越し用の箱をそのまま押し入れに入れて保管していたのですが、

去年末からその箱を一つずつ開けてみたらもう必要の

ないものばかりだったのでそれらすべてを

約1ヶ月かけて全て処分しました。

 

まあ昔から持っているモノって中々捨てられないのですが、

そこは思い切って捨てる覚悟をした方がいいと思います。

 

あの『コンマリ』さんがトキメカナイものは処分っていう

方法で部屋を片付けするという企画がTVで以前やって

いましたがそれってある意味正解というか、多分

『コンマリ』さんの本がベストセラーになって

いる事から考えると絶対に正解なのでしょう。

 

なので3ヶ月とは言いませんが、半年経っても使わない

ものや見ないものは全て一度処分すると生活がガラッと

一変すると思います。

方法は先程述べたように簡単で週に2回のゴミの日

に半年使用していないモノは処分という基準です。

(季節モノは別です)

 

まあ現代人はモノがないと不安で不便に感じることも

多いでしょうが案外必要だと思っていても処分したら

全然生活に困らないというモノって結構あると思いますので、

特に汚部屋候補の方はこういう片付け方法をおすすめします。

 

まあモノは溢れている部屋が好きなんだっていう方は

そのポリシーは間違っていないと思いますからそのまま

でも大丈夫だと思いますが。

 

Follow me!

コメント

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。