安田記念(G1)予想公開。

2018競馬予想

こんにちはkeraです。

 

本日は5週連続のG1開催のフィナーレ

安田記念(G1)が東京競馬場で開催されます。

 

現在のオッズは圧倒的な人気の3.1倍

①スワーブリチャードが人気になっていますが

これは有る意味納得の一番人気ですね。

(オッズは6月2日・16:00現在のオッズです)

 

スワーブリチャードに関してはもう説明の必要も

ないかと思われますが、全成績を見ても

3歳時の皐月賞(G1)有馬記念(G1)

を除けばオール連対と輝かしい成績ですし

前走の大阪杯(G1)も非常に強い競馬を

したのでこの人気は納得ですか?

 

ただ、穿った見方をすると【今週の注目馬】の記事

でも書いた様にデヴュー以来、一番短い競馬で1800m

ですから今回は東京のマイルですのでスピードも

要求されるレースという事がどう影響するか…。

 

安田記念(G1)の過去の勝ち馬を見てみると

2008年・2009年連覇したウォッカ

2014年の勝ち馬のジャスタウェイなど

芝の中距離のG1で勝っている馬も居ますが

いずれの馬も過去にマイル戦での勝利の経験が有る。

 

そしてウォッカジャスタウェイは芝の中距離

以上のG1レースでも勝ってはいますので

安田記念というタフな東京のマイルコースで

勝つ為には芝の中距離を勝てるだけのタフさも

必要なのは理解が出来ますから、そういう意味で

言うと2000mの大阪杯(G1)の勝ち馬である

スワーブリチャードに不安は無いのかも知れませんが…

 

まあ馬の能力は抜けていますし調教もかなり

良いので圧勝も有り得るかとも思われますが

やはり一抹の不安が無いわけでは無い…。

 

そういった事を加味すると【今週の注目馬】

取り上げた⑧キャンベルジュニアを頭に据えるのが

筋かと思っていますが、今回は5週連続のG1レース

の最後のレースなので思い切って夢馬券を買いたいと

思います。

 

夢馬券と言っても特大万馬券を狙うという意味では

無く好きな馬から入りたいという事です。

 

このサイトでは投資競馬という趣向馬券

臨んでいますので馬券には非情にならなければ

いけないとは常々思っていますし、競走馬

ジョッキーの好き嫌いで馬券を買うべきでは無いとも

常々思っております。

 

ですが今回だけはどうしても応援した馬がいます。

 

その馬は⑭リスグラシューです。

 

まあ好きというと意味合いが少々違う気もしますが…。

 

ただこの馬は3歳時から追っていた馬でもあり

馬券の上でも大変お世話になっている馬なので

今回はヴィクトリアマイル(G1)から

中2週ではありますがこの馬を本命に推したいと思います。

 

リスグラシューに関しては【今週の注目馬】の記事

でも書いた様に前走のヴィクトリアマイル(G1)

メイチの仕上げだった事は記事にしましたが本格化した

今ならばもしかしたら前走以上のパフォーマンスを

出せる可能性もあります。

(反動で凡走する可能性も非常に高いとは思いますが…。)

 

土曜日の最終レースの500下のレースで

1:33秒ジャストという好タイムが出ていますので

安田記念(G1)では恐らく1:31秒台の決着に

なる可能性は非常に高い。

 

リスグラシューに関しては持ち時計の速いものでも

前走のヴィクトリアマイル(G1)1:32・3

ですので1:31秒台になった時への対応力に一抹の

不安が無いわけでは無いですが、前走のレースを見ると

恐らく1:31秒台の時計にも対応出来ると見ています。

 

そして最大の懸念は中2週での参戦ですが

昨年のオークス(G1)から馬体重を増やし続けての

レース参戦でしたが、前走ではメイチの仕上げだった

事も有り、久々にマイナス2㎏での出走でした。

 

なので今回は正直心配でしたが調教後馬体重

前走から18㎏増えていますので心配はないかと

思われます。

 

また緩めて馬体重が増えているだけならば今回は

推奨は致しませんが、調教の中身も良い調教で

坂路で仕掛けて53.6・38.3・24.4・11.9

というタイムならばまず問題は無いと思いますし、

この日最後の1ハロンのタイムが11秒台だった馬は

たったの4頭だけという事ですので、この調教をした

上での18㎏増ならば今回も問題は無く、輸送を

入れても前走よりもプラスか同じ程度の馬体重

なるかと思われますので心配はないかと思われます。

 

私は基本的にあまり馬を好きになるタイプでは

無いのですが、このリスグラシューに関しては

結構好きな馬の部類に入るかと思いますので

少々ひいき目に見てしまった嫌いは有りますが

今回はこのリスグラシューを本命にしたいと思っております。

 

但し、いくらその馬が好きだと言っても馬券にならない

馬ならば予想に載せる事は致しませんし、今回は

嵌れば馬券になると見ての本命です。

相手筆頭はやはり【今週の注目馬】でも取り上げた

⑧キャンベルジュニアです。

 

この馬に関しては【今週の注目馬】の記事で書いたとおり

なので、ここで詳しい説明は割愛させて頂きます。

 

そして面白いと思う存在が3頭居ます。

 

1頭目は前走の京王杯SC(G2)でレコード決着から

タイム差無しの3着に追い上げた②サトノアレス

 

今回は1400mから1600mに距離が伸びて

差しが届く気がします。

 

休み明け2戦目での上積みも大きいと思いますし

2走前の東京新聞杯(G3)の様に内ラチ沿いから抜けてくれば

非情に面白い1頭だと思っておりますしこの馬も朝日杯FS

勝っているG1馬ですので現在7番人気ならば狙って妙味の有る

馬だと思っております。

 

2頭目リピーターの多いこのレースで、今年は唯一昨年の

レースでサトノアラジンから0.1差・3着に入選した

⑨レッドファルクスで、この馬も前走の高松宮記念(G1)

1人気ながら8着に敗退したことで人気を落としておりますが

年齢的にズぶくなって来た事を考えると追走が楽になる

マイルでは改めて見直す価値は大きいと思っております。

 

そして3頭目が昨年のこのレースで2人気ながら11着

敗退した事が嫌われている様な感のある⑪リアルスティール

 

昨年のこのレースでは前に馬を置けなかったことで気性的に

難しいところのある馬なので掛かってしまった事は

致し方ないですが精神的に成長が見込める事と

調教の動きが良かった事を加味すると、ここでは格上の

存在なので現在の人気が5人気ならば買ってみたい1頭です。

 

上記に挙げた馬はどの馬もG1馬なので、今回は

人気の盲点になっている感も見受けられます。

 

そういう事からも馬券的には上記、5頭の

3連複BOXは買っておきたいと思っております。

 

それでは予想です。

 

東京11R・安田記念(G1)3歳上OP 定量 芝1600m

【自信度・★☆☆☆☆・星1つ】

◎ ⑭ リスグラシュー

〇 ⑧ キャンベルジュニア

▲ ② サトノアレス

★ ⑨ レッドファルクス

注 ⑪ リアルスティール

△ ⑩ モズアスコット

△ ⑫ ヒーズインラブ

△ ⑮ サングレーザー

△ ④ アエロリット

△ ⑤ ペルシアンナイト

△ ① スワーブリチャード

本日は以上の11頭での予想となります。

 

馬券は3連複フォーメーション

-4-10で合計30点です。

 

3連複フォーメーション・1-10

馬1.

馬2.⑧・②・⑨・⑪

馬3.⑧・②・⑨・⑪・⑩・⑫・④・⑤・⑮・①

 

個人的には先述した本命と対抗、そして

気になっている3頭の馬、計5頭の3連複の

BOX馬券も重ねて購入します。

 

3連複5頭BOX

⑭・⑧・②・⑨・⑪

計10点。

 

また、今回の安田記念は遊びで3連単も購入致します。

3連単フォーメーション・参考買い目

1着.⑭・②・⑨

2着.⑭・②・⑧・⑨・⑪

3着.⑭・②・⑧・⑨・⑧・⑪

合計36点。

 

3連単馬券は完全に個人的な遊びですので、

もしも購入される方は1点辺り100円程度での

馬券の購入を推奨致します。

 

本日は購入点数が多くなってしまいましたが

このレースは荒れると想定してのこの点数ですので

本命での決着になり人気馬で決まってしまいましたら

完全にごめんなさいの馬券ですが

 

本日はリスグラシューが悲願のG1制覇をして

尚且つ強い競馬をするところが見たいと思っておりますが

 

はてさて結果は如何に


人気ブログランキング



日刊スポーツ《公式》競馬サイト「極ウマ・プレミアム」



Follow me!

コメント

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。