先週の投資競馬結果&5月度・投資競馬収支。

2018投資競馬結果

先週の投資競馬予想の結果は下記のとおりになりました。 

 

 5/26京都11R・葵ステークス(重賞)3歳OP 別定 芝1200m 

【自信度・★☆☆☆☆・星1個】 【不的中】

◎ 3着 ⑭トゥラヴェスーラ

〇14着 ⑧ オジョーノキセキ

▲5着  ② アサクサゲンキ

★4着  ⑫ ウィズ

注16着 ⑥ レグルドール

△11着 ⑮ ミッキーワイルド

△7着  ⑬ タイセイプライド

△8着  ④ ペイシャルアス

△6着  ⑩ アンヴァル

 

5/27東京10R・東京優駿(G1)3歳 OP 定量 芝2400m 

【自信度・★☆☆☆☆・星1個】 【不的中】

◎12着 ⑤ キタノコマンドール

〇16着 ⑯ ジェネラーレウーノ

▲5着  ⑧ ブラストワンピース

★6着  ① ダノンプレミアム

注15着 ⑨ オウケンムーン

△8着  ⑮ ステルヴィオ

△14着 ⑬ グレイル

△7着  ⑥ ゴーフォザサミット

△2着  ⑫ エポカドーロ 

 

東京12R・目黒記念(G2)4歳上OP ハンデ 芝2500m 

【自信度・★☆☆☆☆・星1個】 【不的中】

◎13着 ⑭ フェイムゲーム

〇4着  ⑯ ポポカテペトル

▲3着  ⑧ パフォーマープロミス 

★1着  ③ ウインテンダネス 

注5着  ⑪ ソールインパクト

△11着 ⑩ チェスナットコート

△6着  ② ゼーヴィント

 

5月26・27日 

総投資金額  33.800 

払い戻し       0円 

収支    -33.800円 

回収率         0% 

5月26日の京都11R葵ステークス(重賞)

京都の1200mは内枠有利で前に行った馬が

止まらないという事は分かっていましたが、

今回は差しが優勢であろうとトゥラヴェスーラ

本命にし、その他の馬も差し馬でと言った

予想をしていましたが、やはり前が止まらなかった。

 

逃げたゴールドクイーンと2番手のラブカンプー

そのまま粘って1・2着に。

 

本命にしたトゥラヴェスーラこそなんとか3着に

来たものの1・2着が抜けで悶絶…。

やはり基本には忠実になるべきで本当に馬券が

下手だとつくづく思い知らされたレースでした。

 

その反省も踏まえて競馬の祭典の

日本ダービー(G1)ですが、正直、

あのレースは何回やっても取れないと

思ったレースです。

 

これは推測ですが、福永ジョッキー騎乗の

ワグネリアンの競馬をデムーロジョッキー

キタノコマンドールでやりたかった様な

気がしますが、原因は正直分からないですが、

キタノコマンドールのレースを見ていたら

4角手前で終わったかな?

なんて思っていましたが、案の定直線に入っても

全3走で見せていた末脚は不発で、まるで他の馬に

なってしまったかの様でした。

 

私の想定では皐月賞(G1)の様に4角手前から

捲くって行く競馬をすると思っていましたが…。

 

恐らく馬体重が-12㎏というのもなんらかの

影響が有ったのかと思われます。

 

人気だったダノンプレミアムに関しては、やはり

久々というよりも距離だったのかな?

 

って思う競馬で、いつもの様に先行策から抜け出しを

計りましたが、直線伸びを欠いてのレースで、あれでは

正直2400mは難しいと思ったのと同時に

菊花賞(G1)は無いと思いますので、秋の

マイルチャンピオンシップ(G1)辺りを目指すかと?

 

しかし昨日のワグネリアン福永ジョッキーの騎乗は

お見事という以外に言葉は見付かりません。

 

まるでオークス(G1)を勝ったアーモンドアイ

ルメールジョッキーの様な見事な手綱さばきで

大外枠の17番枠から日本ダービー(G1)

勝つにはあれしかない!?

っという様なレースでした。

 

今回は馬もよくそれに応えて走ってくれて

いましたし普通ならばあの様な競馬をしたら

馬が掛かってしまい、直線失速する可能性は

かなり高いと思うのですがある意味人気を

落とした事で腹を括ってのレースだった

のでしょうか。

 

2着に来たエポカドーロの適距離は2000m

までと思っていましたが、よく2着に入選

したと感心しました。

 

3着のコズミックフォースに関しては正直

なんで3着に入選したのかが分からない。

 

前走で勝ってはいたもののOP特別での勝利

だったので軽視していましたが、石橋ジョッキー

巧く乗った感じで嵌った印象です。

 

今回は荒れるとしたらダノンプレミアム

コケての高配当だと思っていましたが、

まさか1~3番人気の馬が全て飛ぶとは

思っていなかった。

 

記事にも書いた様にダノンプレミアムの不安は

久々よりも距離なのでは?

 

って書きましたが、2人気のブラストワンピース

に関しては久々だったのか、元よりそれほど

強い馬では無かったのか、それに関しては

分からないですね…。

 

結果的にですが、レース間隔の空いた

ダノンプレミアムブラストワンピース

勝った馬から0.2差5・6着ならば良しと

するのが妥当なところでしょうか?

 

競馬にタラレバは無いですが、もしも順調に

使っていたら?

なんていう事も頭の隅を過りますが

(ブラストワンピースの場合は分かった上での参戦なのですが。)

 

総じて今回のダービーは良くも悪くもペースが

スローになった事もレースが荒れた一つの要因かと

思われますし、もう少し流れていればまた

話しは別だったかと思いますが

 

そして日曜日の最終レースの目黒記念(G2)ですが

本命に推したフェイムゲームは前走の

ダイヤモンドS(G3)の様な競馬をすると

思っていましたが、この日はこの馬も

まるで別の馬で、終始後方でレースを進めて

それで終わりというルメールジョッキーらしからぬ騎乗

でしたが、休み明けなのかそれとも歳なのか、

斤量なのかは分からないのですが前走の

ダイヤモンドS(G3)から0.5㎏増ならば

斤量は問題ないと思いますので、昨日は

馬自体が本調子ではなかったかと思われますし

ルメールジョッキーのレース後のコメントでは

ペースが遅かったという話しをしていましたので

そういう事なのかな?

って頷くしかないですかね

 

結果的に今週は惨敗でした。

 

そして5月度の収支ですが下記の様になりました。

レース総数  10レース

的中数          2回 

投資合計金額  130.400円 

回収合計金額  139.380円 

収支               +8.980円 

回収率        106.8% 

 

5月度の的中は京都新聞杯(G2)

馬連万馬券ヴィクトリアマイル(G1)

3連複のみ的中という寂しい結果に。

 

そのヴィクトリアマイル(G1)も、ウインズ

に馬券を買いに行く前に即PATでのオッズ

を確認した時は万馬券だったと思うのですが、

終わってみれば88.5倍という微妙なオッズ。

 

私が即PATを見た後に馬券が売れたのかも知れません。

 

ただそれ以外の8レースは惨敗と言っても

いい程で京都新聞杯(G2)万馬券

ヴィクトリアマイル(G1)が的中していなければ

今月も悲惨な結果になっていたのかと思われます。

 

ここで一つの収穫というか馬券の買い方ですが

京都新聞杯(G2)では本命を11番人気

アドマイヤアルバにしたのですが、その

アドマイヤアルバからの馬連馬券

フランツグローリーヴェイズ以外の

組み合わせは全て万馬券というオッズ

でしたのでリターンを考えると総流しでも

充分な配当と考え、総流しにした事は中々

良い馬券の買い方だったかと思います。

(あくまで結果論になりますが。)

 

まあ競馬に限らず投資は結果が全て

ですから取り敢えずは微妙に少ないですが、

プラス収支で回れた事にホットしています。

 

それにしても3・4・5月とどうも以前の様な

結果が出ないのがもどかしいのですが、

2018年という年単位での馬券収支ですと

まだまだ余裕は有りますのでそのうちまた

馬券が的中しだすのではないかという…。

正直、希望的観測ですか…。

 

一応来月の6月の競馬が終了した時点で6月度の

馬券収支と2018年、上半期の収支をこのサイトで

発表しようと思っております。

 

今週末は安田記念(G1)と6月末には

グランプリ宝塚記念(G1)が開催されますので

上半期は残り2つのG1レースに全力を注いで行きたいと

思っております。

Follow me!

コメント

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。