お気に入りのフェンダー・ジャパン・ST-62 VSPモデル(最上位機種)・パート1・もう素晴らしいサウンドです!?

guitar

Keraの備忘ろぐはこの度サイトを移転しました。

新しいサイトは下記の通りです。

新たにブックマークかメールアドレスを

記入してご登録下さい。

 

Keraの雑記ログ
グッズのレヴューの多い雑記ブログサイトです。

 

どうぞ宜しくお願い致します。

 

Kera ‘s memorabilia has relocated the site this time.
The new site is as follows.
New bookmark or email address
Please fill in and register.

Keraの雑記ログ
グッズのレヴューの多い雑記ブログサイトです。

Thank you very much.

今日ご紹介するのは今から3年程前に購入した

フェンダーJAPANST-62VSPVWH(ヴィンテージホワイト)

最上位機種モデルです。

先ずはフェンダー・ジャパンに関して簡単に

説明しますと1970年代以降日本国内には

フェンダー社のコピー品(海賊版)のモデルが

乱立し主な製造元の東海楽器製造に対して

訴訟を起こして販売停止にまで追い込むも

その他のメーカーもかなりの数が有り完全に

それらを抑え込む事が出来ないと判断したために

自らが日本においてギターの製造販売をする道を

選び当時のフジゲン等と手を組んでフェンダー・ジャパン

というブランドを立ち上げた様です。

 

詳しい内容は

『フェンダージャパン・ウィキペディア(クリック)』

ご覧頂くとして、実情は当時の日本の

楽器製造技術が当時の本家のブランドである

フェンダーを上回っていた?

事も一つの要因として語られていますが、

その真偽のほどは不明なのですが、

確かに私がギターを始めた頃にストラトキャスター

モデルを買おうと思って楽器屋さんに行くと

グレコやトーカイ等のコピー品が本家のフェンダーの

ギターよりも安価で、今思うと造りは良かったのかと

記憶しておりますが?

 

私がギターを始めようとして、最初にエレキギター

買おうと思い近所の楽器屋さんに何度か

通っている内に上記の理由でフェンダー・ジャパン

の最初のモデルが発売されたので、どうせなら!?

ってフェンダー・ジャパンのギターを購入

しましたが、その初代のギターは僅かな期間のみ

使用し、現在も所有している2代目の

フェンダー・ジャパンのギターを購入しました。

以前の記事

『1983年製・フェンダージャパンストラトキャスターを改造してみた(クリック)』

 

という事で私のエレキギター人生は

フェンダー・ジャパンから始まりました。

 

以来、本家フェンダーのエレキギターも

記憶の中では8台程所有していましたが、

仕事が忙しくなると同時にギターを弾く

機会も減っていった為、2代目の

フェンダー・ジャパンの物と

Gibsonレオズビンテージを残して

全て売ってしまいました。

今になって思うとあおの頃持っていたギターを

売らずに取っておけば今ですとかなり

良いお値段で売れたかと思うと少々残念ですが

まあ仕方なしですか?

 

ですので私は本家のフェンダーのス

トラトキャスターも8台程所有していました

ので本家のギターのサウンドも当然

分かっていますがCP考慮すると断然

フェンダー・ジャパンのギターの方が

楽器としては優れていると思っていますので

フェンダー・ジャパンのギターを購入する事に。

 

そしてこのフェンダー・ジャパン・ST-62VSPVWH

買う切っ掛けになったのがフェンダー・ジャパンと

いうブランドが無くなり、全て本家のフェンダーUSA

直系のメーカーになるというニュースでした。

 

そのニュースを聞いて直ぐに思ったのは

本家のフェンダーUSA直系になるという事は、

安い価格帯のラインは残すと思いましたが

私の買ったフェンダー・ジャパンの最上位機種の

VSPモデルの製造は本家フェンダーUSA直系

になったらもう製造は中止すると睨んでいたので

このギターを買った時には特にギターを買うという事は

考えていませんでしたが、急遽

フェンダー・ジャパンST62VSPを購入する事に。

 

そしてどうせ購入するのならST-62VSPモデルの

中から一番良いサウンドの出るストラトキャスターを

購入しようと思い、某有名楽器販売店の

店舗に行き店員さんと相談しながらそこのお店に

置いて有ったST-62VSPモデルの2機種を

試奏してみましたが

 

ここでフェンダー・ジャパン・ST-62VSPに付いて

軽くご紹介します。

 

以下フェンダー・ジャパン公式サイト(現在は閉鎖)

から、一部抜粋。

仕様: Fender Japan / Stratocaster ST62-VSP

 

ヴィンテージ・ギターでも人気のある’62タイプのストラトキャスター。
ボディ材には厳選されたアルダー材を2ピースのラッカー・トップコート・

ボディにし、 ヴィンテージサウンドを忠実に再現した新開発の

アルニコ・マグネット・ピックアップ、 スチール・ブロック・トレモロ、

アッセンブリーもUSAパーツを採用した まさにヴィンテージ・スペシャル

’62ストラトキャスター。

 

BODYALDER 2P
NECK
MAPLE
GRIP SHAPE
OVAL TYPE
SCALE
324mm
FRETBOARD
ROSEWOOD
FRET
21F VINTAGE
RADIUS
184R
NUT WIDTH
42mm
CONTROLS
1VOL,2TONE(CTS)

っという様な内容で、これを本家のフェンダーUSA

買おうと思ったら多分このギターの3倍程度の

お値段になるのかと思われます。

 

まあこのギターを購入すると思った当時、

既に本家のフェンダーから

『アメリカン・ヴィンテージ』なる機種が

発売されていましたが、そのお値段は確か

30万円オーバーだったと記憶しています。

 

そしてフェンダー・ジャパン・VSPモデル

話しに戻りますがその某有名楽器店の

そこのお店にはVSPモデルが2台しか在庫が

無かったのですが店員さんと話している内に

その某有名楽器店の他の店舗に有る在庫を

そこの店舗に取り寄せて試奏させてくれると

いうので、厚かましいとは思いましたがお願いする事に。

 

その時点でその某有名楽器店のVSPモデルの

全ての在庫は全部で5台。

 

そしてその5台全部を取り寄せて頂いて

試奏をする事に。

 

普通ですとそこのお店では国産ギターは

1階での試奏だけですが1階に置いてある

アンプはマーシャルのスタックは置いて

有りましたがそれ以外のアンプは全て

国産のトランジスタアンプでしたので

そこでまたお願いをして上のフロアの

輸入楽器専門のフロアで試奏させて頂きました。

 

何故輸入楽器のフロアで試奏をさせて

もらったかと言うと輸入楽器フロア

置いてあるアンプは全て真空管アンプで、

しかもかなり良いアンプが揃えて有ったので、

折角、同じモデルを5台も試奏させてもらうの

ならばやはり様々な真空管アンプで試奏を

させて頂いた方が良いかと思いましたので。

 

そして同じVSPモデルが揃った時点でその

某楽器屋さんから電話をもらい、早速試奏に

行きました。

 

初日は計5台の中からベスト3を選んで

終了し、翌日にベスト2まで選定し、

残ったのがコチラです。

そして購入したのがST-62・VSP・VWH

(ヴィンテージホワイト)です。

フェンダー・ジャパン・ST-62VSPVWH

(ビンテージ・ホワイト)

まあね

 

このギターは買って正解でした。

 

っというのもやはりというかなんというか

 

フェンダー直系になった日本国産モデルでは

このモデルは製造中止になったからです。

 

まあ当然ですよね。

 

このモデルは定価13万円少々でしたが、

このお値段で本家で発売していた

アメリカン・ヴィンテージシリーズと

遜色ない音色でしたから。

 

このモデルを試奏していた際に

本家のアメリカン・ヴィンテージも試奏させて

頂いて今回購入した物と弾き比べをしてみて、

実際に店員さんにお願いしてアンプを同じ設定で

このVSPモデルとアメリカン・ヴィンテージの

ブラインドテストもしてみましたが、

私だけでは無く店員さんもどちらが

本家でどちらがVSPモデルなのかは

分からなかったという事実

 

まあそれだけフェンダー・ジャパンの

最上位機種の出来の良さがどの程度の物かが

分かるテストでした。

 

勿論、フェンダー・ジャパンならばなんでも

良いのかと言うとそんな事は無く

やはり下位のモデルですと、その音色には

かなり違いが有ったのかな?

なんて思っています。

 

フェンダー・ジャパン・ST-62VSPについて

書いて行くと、このモデルを購入後にかなり

改造をしていますので、それはまた

パート2でご紹介したいと思っております。


Follow me!

コメント

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。