今週の注目馬・日本ダービー(G1)。

こんにちは、keraです。

 

毎週水曜日の夜に更新の週末の注目馬のコーナーです。

 

このコーナーを新設してから今回の更新で

19回目になりますが 前回の18回の更新までで

9頭が馬券の対象(1着・2着馬)に 

なっている注目のコーナーです。 

(3着までの複勝圏内までならば14頭が

馬券圏内で馬券圏内率 77.8%です。) 

 

今週の注目馬は5月27日(日)に行われる 

東京11R・日本ダービー(G1)からのご紹介です。 

 

今週の注目の1頭は『キタノコマンドール』です。 

 

正直今年の東京優駿(G1)はかなりの混戦模様。 

 

1番人気が予想されるダノンプレミアム

弥生賞(G2)後に 挫跖皐月賞(G1)

回避して、今回は入念にケアをされ 調教も順調な

様ですが、やはり一頓挫が有りレース間隔が

開くという事は少々マイナスな 気がします。

 

そして1冠目の皐月賞(G1)は人気馬が

総崩れで馬連でも 万馬券決着という波乱のG1でした。

 

そういう面を考慮して考えると今回の東京優駿(G1)で

1番人気に推されるであろうダノンプレミアム

挫跖の影響が 微妙な感じもしますし、2番人気が予想される

ブラストワンピースは 3/24毎日杯(G3)を快勝した

後は皐月賞(G1)には 目もくれず、今回の東京優駿(G1)

に直行というローテーションが 少々気に掛かる。

 

そういった事を考慮しますと当日は恐らく4~5番人気に

なるであろうキタノコマンドールに食指が動く。

 

この馬のデヴューは今回のメンバーの中でも

一番遅い 2017年の12月23日の新馬戦

でしたが、それを快勝した後 すみれS(OP)

の勝ちっぷりが中々秀逸でした。

メンバー的にはそれほど強い馬との対戦では

有りませんでしたし頭数も少ない競馬でしたが 、

スタートから後方待機して、4角から進出して

直線は楽に 他馬を抜き去り楽勝でした。

 

そしてデヴュー3戦目にしてG1の皐月賞への

出走となりましたが ご存知の様に皐月賞は

完全に前の馬に有利な展開で、上位3着まで

は前で競馬をした馬が入選。

 

この馬もスタート直後から外を回されてのレースに

なり、4角では 大外に持ち出しながらもメンバー最速の

上がりでレースをしての 5着という結果に。

 

ただ前残りのレースで後方からの競馬で5着に

入選というのは 非常に価値の有るレースだったかと

思います。

 

私も皐月賞(G1)ではこの馬に印を付けましたが

正直 馬名が少々ふざけている感じがしてあまり

強くは推せません でしたが、鞍上のデムーロジョッキー

数頭のお手馬の 中から最終的にこの馬を選んだという事は…

 

まあそういう事なんだと思います。

 

前走の皐月賞(G1)中山コースから

大箱の東京コースに変わるのも脚質的に魅力は

大かと思っています。

 

また血統を見ても父がディープインパクトですし

母系の父がキンカメならば問題は無いはず。

 

ただここで勝ち切れるかというと微妙な気も

しますが3着以内の馬券圏内という意味では

面白い存在だと思います。

 

 

以上今週の注目馬でした。 

Follow me!

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。